建築ゴロゴロ日記


京都でテキトーに書き散らす、   建築とか日記とか。
by breezethrough

2010年 11月 20日 ( 4 )

iMac買いました! vol.2

e0162959_23232690.jpg

e0162959_23232687.jpg

e0162959_23232667.jpg

e0162959_2323261.jpg

e0162959_2323262.jpg

やっほ!
by breezethrough | 2010-11-20 23:23 | 4. memoria

iMac買いました! vol.1

e0162959_23115445.jpg

e0162959_23115429.jpg

e0162959_23115428.jpg

e0162959_23115416.jpg


■2004年に購入した日立Priusお疲れさまでした。働きづめによく働いてくれました。テレビもPriusで見てたので…酷使したといえると思う。最後は10回に1回しかまともに起動しなかった(起動しても5分持たないことが50%)けど、デザインは最後まで色褪せなかった。すごく良かった。

■今日からはiMacユーザー!
なんだか拍子抜けするほどあっさりと扱いにも慣れた。iTunesの曲もスムーズに移行させることができたし、建築写真をはじめとする大量の写真たちも難なく移行できた。思ったより簡単なことに感嘆(笑)
by breezethrough | 2010-11-20 23:11 | 4. memoria

イチョウの一葉

e0162959_1512141.jpg

e0162959_151215.jpg

■道端で拾って、
■写真を撮って、
■また捨てた。
■俺はわがまま。

■昨日、
■信頼できる先輩に、
■その人の人生をかけた
■真っ直ぐな目で言われた。
■『…………………………、』
■『それが人生というものです。』
by breezethrough | 2010-11-20 15:01 | 4. memoria

三浦展&上野千鶴子『消費社会から格差社会へ』…again

ーー印象に残った部分ーー
三浦展
「とにかく文化的な仕事がしたいと思っていましたし、パルコに入りたかったもう一つの理由は、CFディレクターの杉山登志の作品を記録した『CMにチャンネルをあわせた日ー杉山登志の時代』(パルコ出版局・1978年)という本との出会いですね。」

※杉山登志(1936-1973)
六〇年代から七〇年代に活躍したCFディレクター。テレピCM黎明期のパイオニア。その作品は芸術性高く、斬新な映像美と画面構成力で異彩を放ち、……(省略)……CM界の寵児となった。しかし創造哲学に裏付けられた生き様と高度成長期の企業理念との狭間で苦悩し、

「リッチでないのにリッチな世界などわかりません。ハッピーでないのにハッピーな世界などえがけません。『夢』がないのに、『夢』を売ることなどは…とても。嘘をついてもばれるものです」

と遺書を残し三七歳で自殺した。
ーーーーーーーーーーー

死んだらあかん。
by breezethrough | 2010-11-20 13:11 | 2. litterae


以前の記事
カテゴリ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
画像一覧